ダイエットは、主に体重の減少を目的としているので、食事制限と有酸素運動の組み合わせが有効となります。摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする事により、皮下脂肪がエネルギーとして使用される事になり体重は減少する事になります。しかし、体重はそれほどでもないにもかかわらず太って見えるというケースに対しては、違う方法を選択する必要があります。

体内の水分量の調節が上手くいかない状態で起こりやすいのがむくみであり、実際の体重よりも太って見えるという特徴があります。体重そのものを減少する事を目的としたダイエットでは、十分な改善にはつながりません。食事制限等を行った場合は、栄養不良により体内の機能がさらに低下してしまい悪化する可能性もあります。

不要な水分が蓄積されている状態なので、これを排出する事が改善のための具体的な方法となります。また、塩分の摂取量が多いと血液の濃度との関係で水分が貯蔵されやすくなります。水分の排出を促進するために定期的な運動を行うと共に、普段の食生活で塩分の摂り過ぎに気を付けるというのが基本的な内容です。体重を減らすために行うダイエットと比較すると短期間で効果を実感できる可能性があります。