ヒザにお肉がついてしまうのは運動不足や年齢だけではありません。生活習慣や、普段の何気ない行動が原因になっている場合が多々あります。まさにロングブーツの上にヒザ肉がのってしまうというような現象にはいくつか原因があります。まずは、純粋に太っていて脚に脂肪がついている場合です。標準体重よりも5キロ以上太っていて、定期的な運動を行っていない方は脂肪が太ももにつき、それがヒザの関節で強調されている可能性が高いです。また、筋肉がついていないために肌にハリがなく、老廃物や脂肪を支えることができていない場合もむくんだり脂肪がついてしまうとヒザ肉となって現れやすいです。つぎに、脚は細いのにヒザ肉があるというタイプに多いのが水分が溜まってむくんでいる場合です。これは脂肪ではなく老廃物と水分が溜まってむくみ、それがヒザ関節でたるみとして現れてしまっています。そして、骨盤の歪みが原因の場合もあります。骨盤の歪みによって太ももの位置がずれてしまい、さらにヒザ下の骨もバランスを保とうとしてずれてしまうことでヒザ関節に圧迫や詰まりが生じます。それがむくみとなり、さらにむくみが脂肪を引き寄せてしまうのです。自分はどのタイプなのかをしっかり把握することが大事です。